食事内容の検討|産婦人科では妊婦の食事指導も行なってくれる【ドクターズヘルプ】

妊婦の食事はストレスがないのが一番【サプリも活用】

ストレスなく楽しもう

妊娠中にはどんな食べ物を食べれば良いのか、医師から指導がありますが、自分でも食事の工夫をして楽しむようにしましょう。やはり普段からタンパク質を摂取できていない人は根本的なメニューから変える必要があります。新しいことをするには少なからずストレスになりますが、ストレスで精神的に不安定にならないように気をつけるためにも食事を楽しみましょう。

食事内容の検討

和食

青魚は食べない方が良い?

できれば健康的な食事をして、赤ちゃんも妊婦自身も健康に妊娠生活を送っていきたいものです。そう考えると食事の際に禁じられてしまう食材が多いのではないかと心配になってしまいます。例えば魚介類の摂取です。魚介類は海中で水銀を溜め込む性質があり、特に青魚は注意した方が良いのではないか、という意見もあります。しかし、魚はDHAという人間に必要な脂質がたくさん含まれているので、できるだけ摂取した方が良いのです。人工食品についても、普段と同じくらいの摂取であればなんら問題はありません。

大事なのは必要な栄養素を摂取すること

食べてはいけない飲み物や食べ物を考えるよりは、赤ちゃんの生育や妊婦の健康に役立つ栄養素をできるだけ多く摂取するにはどうしたら良いのかを考えるべきです。食事で補うことができないのであれば、不安を解消するためにも健康食品の利用を検討するべきです。事前に医師のアドバイスも受け、自身にはどんな栄養素が不足しているのかを知り、必要な栄養を摂れる健康食品はどれなのか考えましょう。

全女性必見!女性の身体に特有のこと

食事

栄養指導もしてくれる

中には出産後に産院で出される食事によって、産院を選ぶという人もいます。それほど妊婦や出産する人にとって食事は大事なことですので、産科医の指示は必ずメモしておくようにしましょう。体調管理が安産の鍵となります。

READ MORE
お灸

鍼灸で改善する際の流れ

お灸や鍼で不妊の状態が改善するという報告があります。鍼灸院ではシンプルな施術も用意しており、鍼が苦手な人に対しても治療を行なっているので、医師の指導も受けながらこういった治療を活用していくようにしましょう。

READ MORE
受付

初診と定期検診

産婦人科はできればかかりつけのところを作っておいた方が良いといえます。初診では超音波検査を行なって、赤ちゃんの状態を確かめていきます。他にも赤ちゃんと妊婦の安全のためにがん検診を行なうところが多いです。

READ MORE
和食

食事内容の検討

妊婦は今まで飲んでいたお酒を飲むことはできなくなりますし、制約が多いと感じることでしょう。制約を考えるとストレスになりますので、「どれだけの栄養素を摂取できるのか」を中心に考え、サプリの使用も検討した方が良いです。

READ MORE
広告募集中